不倫で慰謝料請求

不倫のきっかけは何にせよ、不倫や浮気が原因の慰謝料請求というものは一般的に多くケースによっては高額な慰謝料請求となる場合もあります。不貞をはたらかれた側には慰謝料を請求する方法があり、逆に慰謝料を請求された側にも、それを減額したり、なんとかかわすために色々な方法があります。ですから不倫問題が慰謝料請求に発展するとどうしても激しい戦いになってしまうのもわかります。

慰謝料請求
引用元 [浮気・不倫の慰謝料問題なら弁護士法人アディーレ法律事務所]

不倫の慰謝料請求に関しては不貞を働いた配偶者に請求するという場合があります。配偶者に慰謝料請求を起こすのであれば、配偶者と離婚をすることが基本的な前提となってきます。この慰謝料の請求は離婚に伴う財産分与と同じなのかと心配になる人もいますが、財産分与とは別に不倫慰謝料を請求するということになります。また離婚をしない場合は正式に慰謝料請求をすることにはなりませんが、夫婦間で話し合ってお金を支払ってもらうというケースもあるようです。

また不倫の場合の慰謝料請求に関しては配偶者の不倫相手に慰謝料を請求するという場合もあります。既婚者であると知りながら不倫関係を持っていたとしたら不法行為をはたらいていたとみなされます。このように不倫の場合には配偶者と不倫相手の二通りの慰謝料請求先があることを覚えておきましょう。